STATEMENT

STATEMENT
アカペラしやすい環境づくり

いまアカペラを楽しんでいる人が、これからアカペラを楽しもうとしている人が、アカペラをよく聴く人が、アカペラバンドで夢を見る人が、アカペラが好きなみんなが、もっともっと楽しく、もっと自由に活動できるアカペラ環境をつくります。